2011年10月01日

RIPマータイさん

ケニアのノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai)さんが先日お亡くなりになりました。

ノーベル賞を始め、いろんな『アフリカ女性初』の肩書きを持つ方。
彼女の活動の原動力は何だったんだろう?何か彼女をここまでパワフルな活動に駆り立てたのだろう?
独立後の混沌とした政情の中で、女がものを言うって、それは相当な圧力がかかっただろうと思う。実際逮捕・投獄経験も何度かあるらしいし。
それでもめげない意志の強さ。
国を良くしていこうとする、愛国心からなのか。国のみならず、アフリカ、世界を住みよい環境にしていかなければという、使命感からなのか。
いずれにしても、現状に危機感を持っていたのは確か。国民の生活、それを取り巻く環境をないがしろにしてきた政府に相当な不満を持っていたのは確か。
それをモイ政権時代にきちんと声に出して言えたのは、並々ならぬ決意があったからなんだろうな。

私は残念ながら(?)彼女ほど強い意志も精神も持ち合わせていないけれど、カカア殿下の下でスクスク育ったからか?物心ついたときから“女だから”ってなめられるのが大嫌い。だからといってはオコガマシイですが、彼女の生き方って、すごく刺激になります。

ウチの旦那含め、まだまだ亭主関白がまかりとおっているアフリカ諸国。
でもね、本当は、アフリカ女性ってすごく強いと思うのです。
表面上は亭主に関白させといて、裏でうま〜く亭主を手のひらに転がしているという。そんなイメージ。(あくまでも私のイメージですが)
アフリカ女性が強い事を知ってるから、アフリカ男性陣は意見を言う女性を弾圧する、そんな構図が出来ている気がしてならないのです。

民族対立・宗教対立・政治紛争が絶えないアフリカ大陸。アフリカと言ったら、日々救いようの無いような、悲しい、残念ニュースばかり日本には飛び込んできます。しかーし。ちょっと意外かもしれませんが、女性の政治参加が日本よりずっと、進んでいるんですよね。アフリカの最貧国と言われている国々でも、女性の政治参加率が日本よりはるかに多いんですよ。その点で、大きな希望が持てると思うのです。
今ググってみたところ、ナイジェリアで大臣クラスでの女性の割合は23%だそう。ルワンダではなんと国会議員の半数近くが女性らしいです。驚くべき事にそういう法律も制定されているらしい。ちなみに日本は12%。ハァ〜溜息が出ます。

第2、第3のマータイさんの芽が、アフリカ諸国のあちこちで出てきているって事ですよね。
アフリカでは、女性がものを言える土台が、日本よりはるかに強く出来てきているんだと思います。すばらしいなぁ。

マータイさんが亡くなっても、彼女の意志は数々のアフリカ女性に受け継がれているはず。そう信じたいです。
そして彼女の有名なフレーズ“MOTTAINAI”。アフリカ女性の強い意志と共に、日本の誇るべき清貧精神が、アフリカ発展のちょっとした足がかりになってくれれば。日本人の私としては、ちょっと嬉しい。

RIPマータイさん。彼女の精神は永遠に。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | アフリカ