2010年05月29日

アフリカンドリーム

この間、何気なーくTVつけてチャンネル回してたら、すばらしい番組をやってるではないの!

NHKスペシャル『アフリカンドリーム』
第1回 “悲劇の国”が奇跡を起こす
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100404.html

しかもこれ再放送でした。
こんな大事な番組を見逃していた私って…。
再放送してくれてありがとう!とNHKに感謝。

舞台はルワンダ。
『ホテルルワンダ』や『ルワンダの涙』を観てから、ジェノサイド後のルワンダについて気になってたので個人的にはかなり興味深い内容でした。
ジェノサイド後、再び2つの民族は隣人となって手と手を取り合い、ルワンダの復興に努めている・・・的な報道を以前耳にした記憶があるのですが、あんな凄まじい歴史を経験した人々が、果たして何のわだかまりもなく再び隣人となりうるのだろうか、と甚だ疑問だったのです。表面では平静を装っていても、やはり家族や友人を殺された恨みは一生消えないのではないか、と。

そしたらやはり地方では未だに根強く民族間のわだかまりが残っているようで。
元はといえば、フツ・ツチという民族の違いは当人達にとってあまり意識はされていなかったようですね。
「あなたはフツ。あなたはツチ。」といって民族を分けたのは植民地化を進めていたベルギーの仕業なのだとか。ベルギーが比較的鼻の高いツチの人々を優遇していった事から、フツとツチの間で貧富の差が生まれ、民族間対立の原因となった…という事らしいです。
鼻の高さで優劣を決めるって・・・実際に鼻の高さを測っている(しかも大まじめに)古ーい映像が流れていましたが、そんな馬鹿げたことが本当にあったんですね。かなり驚きです。
この鼻の高い低いの些細な差が、後のジェノサイドに繋がると思うと言葉に出来ないくらいの恐ろしさを感じます。

番組自体は、そんな悲劇的なサイドからの見方ではなく、もっとポジティブな視点でルワンダを捉えていたのが救いでした。

民族対立を恐れて国外に逃れていた裕福なツチの人々(ディアスポラ)が、祖国の復興の為に続々と帰郷し、私財を投げ打ってルワンダの発展に努めている…というのがこの番組のメイン。

このディアスポラの方々が実に素晴らしかった!
海外(日本を含む)でビジネスのノウハウを学び資金を得、それを祖国の発展に役立てようとする姿勢。どこかの国の政治家につめの垢を煎じて飲ませたい!と思いました(笑)
中にはフツに家族を虐殺されたディアスポラだっているわけですよ。それでも祖国のため、民族の分け隔てなく隣人として、困っている人に手を差し伸べる姿。もう感銘を受けました。

一緒に観ていた旦那には、私のつたない英語で同時通訳してさしあげました。自分でビジネスをしたい、と常日頃から話している旦那。彼にとってもこの番組は何かを学べる良い機会になるのではないかと。

ルワンダにこのディアスポラのような人がいる限り、ルワンダの、アフリカの未来は明るいと感じましたです。
アフリカ発のニュースって、争いやら事件事故やら政治汚職などなど…暗いニュースが多いじゃないですか。日本人にとってアフリカのイメージって言ったら未だに暗黒大陸そのものだと思うんです。
だからこそこのような番組を観て、もっと日本人がアフリカに目を向けるきっかけとなったら…と思うのです。第二のルワンダ大虐殺を起さないためにも。アフリカの発展のためにも。
アフリカは争いごとばかりじゃない。いろんな可能性を秘めた大陸なんだって。
アフリカンドリーム。はじめはクスっと笑ってしまったけど(笑)良いタイトルじゃないですか。

NHKスペシャル。アフリカンドリーム第二弾『大地の力を我らに
〜資源回廊の挑戦〜』は6月1日(火)午前1時45分〜2時34分(5月31日深夜)再放送予定だそうです。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ

2010年05月20日

ナイジェリアのお父さん

先週、私の携帯にナイジェリアからの着信が。
出られなかったのですが、何かあったのかも…と思って帰宅した旦那に訊いてみたら・・・
お父さんが亡くなったとの事でした。。

全身の力が抜けるようでした。
お母さんは15年前に既に亡くなっているので、せめてお父さんには会いたい!日本の孫の姿を見せてあげたい!
そう思って、家族みんなでナイジェリアに行けるように節約して頑張っていたところだったのに・・・
本当に無念。
電話でしか話したことなかったけど、穏やかで、優しそうなお父さんだったなぁ。私がイボ語で挨拶したら、嬉しそうに笑ってくれて。
あぁ、会いたかったなぁ。

旦那も先週から元気がありません。
異国の地に住んでいて、親の死に目に会えないって本当に切ないなぁ。

ラゴスに住んでいるお兄さんが今ヴィレッジの方に行っているので、帰ってきてから旦那の帰郷もろもろについて決めるそう。
今回も家族みんなでナイジェリアは無理っぽいな。。

ナイジェリアがもっと近かったらどんなに良いか。
会いに行けなくて、お父さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

ダーリンはナイジェリア人

今、『ダーリンは外国人』の映画版が何かと話題になってますが。
ダーリンは“外国人”ってどうよ?って思うのです。

あの映画の元になったマンガを読んだ事がありますが、「へー」「ふーん」と他人事の様に読んでいる自分がいました。自分も外国人のダーリンがいるのに、「あーあるよね〜」とか「そうそう!うちもそうだわ〜」とか、共感する部分があまり無かったような…

つまりは、あの作者のダーリンが“アメリカ人”で、うちのダーリンは“ナイジェリア人”だからなのですねぇ。
同じ“外国人”でも天と地、雲と泥(?)、ダンゴ虫とワラジ虫(??)ほどの違いがある!のです。
少しでも“外国人”とつるんだ事のある方はわかるかと思いますが。

日頃私がよく受ける質問の中に、
「旦那さん、優しいでしょ?」
っていうのがあります。残念ながら、答えはいつも質問者をガッカリさせる答えしか出来ましぇん。
外国人=優しい!レディーファースト!紳士!
的な妄想が質問者さんの中にはあるのでしょうね。
誠に残念ながら、うちのダーリンの中身は昭和の日本男児です。力いっぱいガンコなアフリカ男です。典型的なしたたかナイジェリアンです。

若い方があの映画(&マンガ)を見て、変なファンタジーを持って外国人に近づいてガッカリ…なんて事が無いように、祈るばかりです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | だんな

2010年05月07日

ヤラドゥア大統領安らかに

具合悪いとは聞いてましたが、まさか亡くなるとは・・・
Yahoo!JAPANのトップニュースに出てたのも驚きでした。

という事で、ジョナサン副大統領が、大統領に就任。
旦那としては、こちらの方が喜ばしいらしい。
出身地が近いから?

ジョナサン副大統領をウィキで調べたら、名前がグッドラックさんと言うのですね!さらにさらに、奥さんはペイシェンスさん。すごい組み合わせだなぁと、全然無意味なところに反応してしまいました。

来年また大統領選らしいですね。
どうなるのかしら。
いつもいつも思うのですが、選挙くらいはクリーンにいきましょうよ。

旦那は、自分が大統領になった方がマシだわ!なーんて言ってますが。クリーンなナイジェリア。生きてる内に見てみたいです。
いまのところ老後はナイジェリアに移住するつもりなので。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア