2010年04月01日

高校講座で『アフリカ史』

少し前にやっていた高校講座で、『アフリカ現代史』なるものをやっていました。
『アフリカ現代史』。
なんと大雑把な!とあまり期待せずに見たのですが、これがなかなかよくまとまった内容でございました。

まずは各国の独立の様子から、独立後の内戦・混乱、アパルトヘイトを乗り越えて、今後のアフリカの課題・・・といった流れでした。

独立の様子は、アフリカ各国の独立のさきがけとなったガーナを始めとして、宗主国の支配に反発する運動から独立に漕ぎ付けたケニアを取り上げ、独立後の内戦は民族対立から起こった内戦としてナイジェリアのビアフラ戦争とルワンダのジェノサイドを例に挙げていました。

何より見て良かったな〜と思ったのは、ガーナのエンクルマ氏やケニアのケニヤッタ氏の独立時の演説を映像で見れたこと。
おお〜エンクルマさんが動いてる〜と妙に感動。
私自身はアフリカ出身ではないですが、血がザワザワして興奮してしまいました(笑)
もし私に前世というものがあったなら、間違いなくアフリカン(恐らく西アフリカ系)だったと思います(笑)

あと、ビアフラ戦争の映像を見たのも初めてでした。写真では見たことがありましたが、あの飢えた子供の写真は悲惨以外の何ものでもないです。あんなになっても生きてるの?って。
ビアフラ戦争に関しては何度か旦那とも話した事がありますが、イボ人の旦那の意見をもっと聞いてみたい気がします。
表立っては言いませんが、やはり旦那の中には、イボ以外の民族に対するちょっとした敵対心(?)のようなものがある気がして。表向きでは仲良くしてても、お互いに深い信頼関係は築こうとしなかったり??あくまでも私が見て感じた事ですが。。
本当のところは本人にしかわからない事だと思いますが、やはり兎にも角にも、残酷な歴史が彼らをそうさせるのだろうなぁと、思うのです。

あとはネルソン・マンデラ氏の大統領就任時の演説映像とか・・・鳥肌ものでした。
南アフリカの国歌なんかは映画『遠い夜明け』でも使われていてかなり印象的でしたが、いつ聞いても心に響きます。

こうやってアフリカ現代史を振り返ってみると、世界でこれほどまでに長く、人為的に(?)引っ掻き回された歴史を持つ地域はあるのだろうか、って考えさせられます。

周りのアフリカンみんなに、母国の近現代の歴史についてどう思うか尋ねたいくらい。きっとみんな十人十色な答えが返ってくるんだろうなぁ。
posted by Chioma at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | アフリカ