2011年10月01日

RIPマータイさん

ケニアのノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai)さんが先日お亡くなりになりました。

ノーベル賞を始め、いろんな『アフリカ女性初』の肩書きを持つ方。
彼女の活動の原動力は何だったんだろう?何か彼女をここまでパワフルな活動に駆り立てたのだろう?
独立後の混沌とした政情の中で、女がものを言うって、それは相当な圧力がかかっただろうと思う。実際逮捕・投獄経験も何度かあるらしいし。
それでもめげない意志の強さ。
国を良くしていこうとする、愛国心からなのか。国のみならず、アフリカ、世界を住みよい環境にしていかなければという、使命感からなのか。
いずれにしても、現状に危機感を持っていたのは確か。国民の生活、それを取り巻く環境をないがしろにしてきた政府に相当な不満を持っていたのは確か。
それをモイ政権時代にきちんと声に出して言えたのは、並々ならぬ決意があったからなんだろうな。

私は残念ながら(?)彼女ほど強い意志も精神も持ち合わせていないけれど、カカア殿下の下でスクスク育ったからか?物心ついたときから“女だから”ってなめられるのが大嫌い。だからといってはオコガマシイですが、彼女の生き方って、すごく刺激になります。

ウチの旦那含め、まだまだ亭主関白がまかりとおっているアフリカ諸国。
でもね、本当は、アフリカ女性ってすごく強いと思うのです。
表面上は亭主に関白させといて、裏でうま〜く亭主を手のひらに転がしているという。そんなイメージ。(あくまでも私のイメージですが)
アフリカ女性が強い事を知ってるから、アフリカ男性陣は意見を言う女性を弾圧する、そんな構図が出来ている気がしてならないのです。

民族対立・宗教対立・政治紛争が絶えないアフリカ大陸。アフリカと言ったら、日々救いようの無いような、悲しい、残念ニュースばかり日本には飛び込んできます。しかーし。ちょっと意外かもしれませんが、女性の政治参加が日本よりずっと、進んでいるんですよね。アフリカの最貧国と言われている国々でも、女性の政治参加率が日本よりはるかに多いんですよ。その点で、大きな希望が持てると思うのです。
今ググってみたところ、ナイジェリアで大臣クラスでの女性の割合は23%だそう。ルワンダではなんと国会議員の半数近くが女性らしいです。驚くべき事にそういう法律も制定されているらしい。ちなみに日本は12%。ハァ〜溜息が出ます。

第2、第3のマータイさんの芽が、アフリカ諸国のあちこちで出てきているって事ですよね。
アフリカでは、女性がものを言える土台が、日本よりはるかに強く出来てきているんだと思います。すばらしいなぁ。

マータイさんが亡くなっても、彼女の意志は数々のアフリカ女性に受け継がれているはず。そう信じたいです。
そして彼女の有名なフレーズ“MOTTAINAI”。アフリカ女性の強い意志と共に、日本の誇るべき清貧精神が、アフリカ発展のちょっとした足がかりになってくれれば。日本人の私としては、ちょっと嬉しい。

RIPマータイさん。彼女の精神は永遠に。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | アフリカ

2011年03月30日

震災その後

震災から2週間以上経ちましたが、未だに良くない夢を見たり、余震が怖くて仕方なかったり、何かと落ち着かない日々を過ごしております。

このブログを読んでくださっている方はいかがでしょうか。
ご自身のみならず、家族・お友達・同僚・・・
世の中いろいろあるけど、普通に生活していける事がどれだけ幸せな事か、本当に思い知らされる日々です。

私の場合、東北出身なので自身の後、両親や身重の姉・友達が心配で仕方ありませんでした。幸い被害自体はさほどでは無かったようですが、停電やガソリン等の物流ストップの問題がかなり深刻だったみたいです。
3月ではまだまだ雪だって降るし、朝晩の寒さも相当のものがあります。歳を取った両親の体には寒さがこたえるだろうし、もっと厳しい状況の避難所にいる方々の苦労は計り知れないものがあると思います。
とにかく1日も早く、平穏に暮らせる日々がくるように、祈るばかりです。
そしてどうか、希望は捨てないでいただきたい。

地震・断水・余震・停電…とあって、次は放射能の危険性が毎日大きく報道されています。
健康上問題はないとか、いろいろ言ってるけど、専門家によって言ってる事が違ったりするし、小さい子供がいる身としてはやっぱり心配。。
ナイジェリアにいる旦那は、「ナイジェリア行きのチケットを買ってこっちに来い」なんて言ってますが…
あぁ本当にナイジェリアに行ってしまいたい。
You TubeでFELA KUTI見て行った気分になって寝るとします。。

posted by Chioma at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月06日

オスンソープ

この間、旦那を見送りに空港まで行ってきました!

前回は荷物の重量オーバーで酷い目にあったので(笑)今回はカウンターの荷物チェックまでしっかり見届けましたよ(笑)

空港に行くときの密かな楽しみは、空港にある『1村1品マーケット』をのぞく事!
『1村1品マーケット』はジェトロが運営するショップで、普段あまりお目にかかる事の出来ない世界各国の雑貨や食品類を取り扱っています。

意外にこのお店、ナイジェリア産商品が多い!
彫刻はもちろん、布や服とかも売っていました。
中でも旦那が奇声をあげていたのが(笑)、真っ黒な石けんオスンソープ(Osun soap)。
「ベリーナイス!」
との事だったので、乾燥肌の子供達の為に買ってみました。

早速家に帰って、オスンソープをお風呂場にスタンバイ。
お風呂の時間、子供達がオスンソープを目にして、何を言うかと思ったら、

「ア〜!ウ○チ!」(by下の子)
あのー、つまり見た目がですね〜(以下省略)

ナイジェリアで売られている形状はしっかり世間一般に売られている石けんの形をしてるようなんですが、日本で売られているオスンソープは何故かきれいに丸められていて、正しく見た目が(以下省略)

表面もゴツゴツしてるし、石けんという概念からあまりにもかけ離れた見た目をしているので、内心半信半疑で手にとって見たのですが、意外に泡立ちは良好。子供達だけじゃなく自分にも使ってみたのですが、シアバターとかの石けんにありがちなコッテリ系ではなく、夏場に気持ちよく洗えそうなサッパリ系の石けんでございました。サッパリしてて流した直後は多少つっぱるんだけど、乾燥はしない。不思議な洗い心地。
成分を見たら、パームカーネルオイルが入ってるんですね〜。泡立ちのよさはそこからきてるんだ〜と納得。シアバターも入っていて、なかなか肌に優しい作りになっているようです。
香りが無いのが大人の私には物足りないですが(笑)泡切れが良いし、元気に遊んで泥や砂や汗まみれになった子供を洗うには持って来いだと思います。

調べたら、こちらのお店で販売しているようです。
アフリカンフォレスト

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 02:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ナイジェリア

2011年01月24日

ナイジェリア土産!

どうも、お久しぶりです。

前回のブログをアップした後、秋の半ばごろにヒョコっと旦那が無事に帰ってきました。
ご報告が遅れましてすみませんです(汗)

実は旦那が本格的に自分のビジネスを始めようとしていて、まぁ始めから上手く行くわけはないし、最低でも生活できるようにしていかねばなぁと、久々6年ぶり?に会社員を始めたChiomaです。
そんなこんなで、バタバタしておりました…

これといってネタもないので(おいおい笑)、旦那が買ってきたナイジェリア土産の写真でもお見舞いします(笑)

写真が暗い&ヘタクソですみません!

まずはこちら。
ng5.jpg
オーソドックスなアフリカンドレスって感じのツーピースです。スカートのラインが好みです。でもいつ着ればよいのやら・・・?

ng1.jpg
お次はレオパード柄とビーズがかわいいミニワンピ?チュニック?
これはヒットでした〜。もらった頃には既に肌寒かったので、重ね着して愛用しています。しかーし。子供がビーズをいじくりまわしてビーズ部分が悲惨な事に・・・(涙)修復せねば。

ng3.jpg
真っ赤なチュニック。レースの部分がちょっと残念な出来なので、自分でリメイクして着るかな〜って感じです。色とか袖のヒラヒラはかわいいんですがね〜。

ng2.jpg
またまた真っ赤なチュニック。真紅&ゴールドビーズという最強の組み合わせでインパクト抜群。生地がテロンとしててラインもかわいいので、ド派手ですが普通に会社に着て行っています(笑)もちろん重ね着してですが。スキニーとかと合わせると結構かわいいです。

ng4.jpg
お次はマキシワンピ!これが一番のヒットでした。
写真がメチャクチャ暗いですが(涙)控えめ〜にダークなアフリカン柄が入っていて、主張しすぎず、とても良いのですよ!袖のヒラヒラとか、胸元のシャーリングとか、全部ツボでした。旦那様ありがとう〜(笑)去年マキシワンピが大流行してましたが、悲しかなこれを貰ったのは秋の始まり…。今年の夏ガンガン着ようと思います!

あとは息子・娘にもアフリカンなコスチューム&英語の教科書等などたくさんのお土産がありました。
息子は保育園にもお気に入りのアフリカンコスチュームを着ていったりしてました。お友達に、「それパジャマ?」なんて突っ込まれてましたが(笑)
「ちがうよ!ナイジェリアのおようふくだよ!」
と頼もしく切り返しておりました。

子供達、やっぱりナイジェリアンの血が流れているからか、アフリカンコスチュームが似合うんだな〜。悔しいくらい(笑)

たくさんのお土産を目の前にして、ますますナイジェリアに行きたい夢が膨らみました。
お父さんに会えなかったのは残念でしたが…近いうちに必ず家族に会いに行きたいです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ナイジェリア

2010年08月31日

予定は未定

旦那がナイジェリアに旅立って早2ヶ月が経とうとしています。

思えば2ヶ月前、旦那が日本を経つ時に、荷物がかなりの重量オーバーだった事が判明…航空会社の方々に多大なご迷惑をお掛けしたっけ(笑)
(その日の夜に子供2人連れて私がオーバー分の荷物を引き取りにいきました。旦那は経由地から謝罪の電話をかけてきました)
航空会社の方に、ナイジェリア人は荷物の重量オーバーが多いから、周りのナイジェリア人に注意するように言われましたです(笑)
そんなドタバタがあって、無事に旦那がナイジェリアに旅立ってホッとしてたら、今度は予定を過ぎても帰って来ない。。

予定はあってないような人だもんなぁ。
ビジネスも絡めての帰国なので、現地でいろいろあるらしく、本人も帰るに帰れない状況だと言ってるんだけど。。
こっちの予定も上手く立てられず、ここ最近はヤキモキしちゃってます。下の娘(1歳)なんてパパの事忘れちゃってるのでは…(でもTVで黒人が映ると『パパ!』と呼びかけてたりするんですけどね〜)

もうちょっとの間、一家の大黒柱がんばろう。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | だんな

2010年06月24日

スーパーイーグルス敗退!

W杯もいよいよ佳境に入ってまいりました。

初のアフリカ開催という事で、旦那も思い入れが強いようです。

特に初戦の南アフリカ対メキシコ。チャバララのゴールは鳥肌ものでしたね〜。きっと全アフリカンが歓喜した瞬間だったのでは。

南アフリカのみならず、全てのアフリカ出場国は波に乗ってくるだろうと思っていたのですが、そう甘くないのがW杯!?
カメルーンといい、ナイジェリアといい、アフリカの強豪が次々とグループリーグ敗退してしまい、旦那の熱意(?)も徐々に冷めていってしまったようです(涙)

ナイジェリアは・・・惜しかったですねー。ミケルが出てたらまた違ったのかなぁ。きっと本人は母国代表よりチェルシーのスタンスに重点を置いているのかもしれないですね。表向きは怪我って言ってましたが。
ナイジェリア対ギリシャは何とも後味悪い試合でしたね。。
あの一発レッドカードさえなければナイジェリアは勝って2位通過(1位はもちろんアルゼンチンで)出来たと思うんですが・・・あのカイタさんのレッドカードで、全てがガタガタと崩れ落ちてしまった感じが何とも残念で(涙)

そんなカイタさん、やはり国に帰ると身の危険が待っているそうで。。
脅迫メールが後を経たないらしいです。あの一瞬で全てのナイジェリアンを敵に回してしまったのですねー。気の毒だけど、多くの子供達が見ている夢の舞台だという事、スポーツマンとしての意識をしっかり持っていて欲しかったですね。

アフリカ出場国で期待の星はガーナかな。コートジボワールも何とか頑張って欲しいです。せっかくドログバがあそこまで回復して出てきてくれたんだもの!ドログバの心意気は相当なものがありますよね。

アフリカではまだまだ地元のサッカー協会が軟弱な場合が多いらしいですね〜。何年か前にナイジェリア代表の特集を見た時、遠征での食事の手配が出来てなかったり、移動手段が確保できてなかったり、日本ではとにかく考えられないようなひどい待遇をされても、選手達は母国の為、と腹をくくって戦っていたのが印象的でした。
それだけ選手達の愛国心が強いんですよね。アフリカ開催のW杯なら尚更思い入れが強いことだろうと思います。

次にW杯がアフリカで開催されるときには、もっとアフリカの国々が優勝候補として名前が挙がっているかな。
旦那の予想では、次にアフリカでW杯が開かれるなら、きっとエジプトだろうと言ってるのですが。。さーて予想は当たるでしょうか?!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ナイジェリア

2010年05月29日

アフリカンドリーム

この間、何気なーくTVつけてチャンネル回してたら、すばらしい番組をやってるではないの!

NHKスペシャル『アフリカンドリーム』
第1回 “悲劇の国”が奇跡を起こす
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100404.html

しかもこれ再放送でした。
こんな大事な番組を見逃していた私って…。
再放送してくれてありがとう!とNHKに感謝。

舞台はルワンダ。
『ホテルルワンダ』や『ルワンダの涙』を観てから、ジェノサイド後のルワンダについて気になってたので個人的にはかなり興味深い内容でした。
ジェノサイド後、再び2つの民族は隣人となって手と手を取り合い、ルワンダの復興に努めている・・・的な報道を以前耳にした記憶があるのですが、あんな凄まじい歴史を経験した人々が、果たして何のわだかまりもなく再び隣人となりうるのだろうか、と甚だ疑問だったのです。表面では平静を装っていても、やはり家族や友人を殺された恨みは一生消えないのではないか、と。

そしたらやはり地方では未だに根強く民族間のわだかまりが残っているようで。
元はといえば、フツ・ツチという民族の違いは当人達にとってあまり意識はされていなかったようですね。
「あなたはフツ。あなたはツチ。」といって民族を分けたのは植民地化を進めていたベルギーの仕業なのだとか。ベルギーが比較的鼻の高いツチの人々を優遇していった事から、フツとツチの間で貧富の差が生まれ、民族間対立の原因となった…という事らしいです。
鼻の高さで優劣を決めるって・・・実際に鼻の高さを測っている(しかも大まじめに)古ーい映像が流れていましたが、そんな馬鹿げたことが本当にあったんですね。かなり驚きです。
この鼻の高い低いの些細な差が、後のジェノサイドに繋がると思うと言葉に出来ないくらいの恐ろしさを感じます。

番組自体は、そんな悲劇的なサイドからの見方ではなく、もっとポジティブな視点でルワンダを捉えていたのが救いでした。

民族対立を恐れて国外に逃れていた裕福なツチの人々(ディアスポラ)が、祖国の復興の為に続々と帰郷し、私財を投げ打ってルワンダの発展に努めている…というのがこの番組のメイン。

このディアスポラの方々が実に素晴らしかった!
海外(日本を含む)でビジネスのノウハウを学び資金を得、それを祖国の発展に役立てようとする姿勢。どこかの国の政治家につめの垢を煎じて飲ませたい!と思いました(笑)
中にはフツに家族を虐殺されたディアスポラだっているわけですよ。それでも祖国のため、民族の分け隔てなく隣人として、困っている人に手を差し伸べる姿。もう感銘を受けました。

一緒に観ていた旦那には、私のつたない英語で同時通訳してさしあげました。自分でビジネスをしたい、と常日頃から話している旦那。彼にとってもこの番組は何かを学べる良い機会になるのではないかと。

ルワンダにこのディアスポラのような人がいる限り、ルワンダの、アフリカの未来は明るいと感じましたです。
アフリカ発のニュースって、争いやら事件事故やら政治汚職などなど…暗いニュースが多いじゃないですか。日本人にとってアフリカのイメージって言ったら未だに暗黒大陸そのものだと思うんです。
だからこそこのような番組を観て、もっと日本人がアフリカに目を向けるきっかけとなったら…と思うのです。第二のルワンダ大虐殺を起さないためにも。アフリカの発展のためにも。
アフリカは争いごとばかりじゃない。いろんな可能性を秘めた大陸なんだって。
アフリカンドリーム。はじめはクスっと笑ってしまったけど(笑)良いタイトルじゃないですか。

NHKスペシャル。アフリカンドリーム第二弾『大地の力を我らに
〜資源回廊の挑戦〜』は6月1日(火)午前1時45分〜2時34分(5月31日深夜)再放送予定だそうです。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ

2010年05月20日

ナイジェリアのお父さん

先週、私の携帯にナイジェリアからの着信が。
出られなかったのですが、何かあったのかも…と思って帰宅した旦那に訊いてみたら・・・
お父さんが亡くなったとの事でした。。

全身の力が抜けるようでした。
お母さんは15年前に既に亡くなっているので、せめてお父さんには会いたい!日本の孫の姿を見せてあげたい!
そう思って、家族みんなでナイジェリアに行けるように節約して頑張っていたところだったのに・・・
本当に無念。
電話でしか話したことなかったけど、穏やかで、優しそうなお父さんだったなぁ。私がイボ語で挨拶したら、嬉しそうに笑ってくれて。
あぁ、会いたかったなぁ。

旦那も先週から元気がありません。
異国の地に住んでいて、親の死に目に会えないって本当に切ないなぁ。

ラゴスに住んでいるお兄さんが今ヴィレッジの方に行っているので、帰ってきてから旦那の帰郷もろもろについて決めるそう。
今回も家族みんなでナイジェリアは無理っぽいな。。

ナイジェリアがもっと近かったらどんなに良いか。
会いに行けなくて、お父さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

ダーリンはナイジェリア人

今、『ダーリンは外国人』の映画版が何かと話題になってますが。
ダーリンは“外国人”ってどうよ?って思うのです。

あの映画の元になったマンガを読んだ事がありますが、「へー」「ふーん」と他人事の様に読んでいる自分がいました。自分も外国人のダーリンがいるのに、「あーあるよね〜」とか「そうそう!うちもそうだわ〜」とか、共感する部分があまり無かったような…

つまりは、あの作者のダーリンが“アメリカ人”で、うちのダーリンは“ナイジェリア人”だからなのですねぇ。
同じ“外国人”でも天と地、雲と泥(?)、ダンゴ虫とワラジ虫(??)ほどの違いがある!のです。
少しでも“外国人”とつるんだ事のある方はわかるかと思いますが。

日頃私がよく受ける質問の中に、
「旦那さん、優しいでしょ?」
っていうのがあります。残念ながら、答えはいつも質問者をガッカリさせる答えしか出来ましぇん。
外国人=優しい!レディーファースト!紳士!
的な妄想が質問者さんの中にはあるのでしょうね。
誠に残念ながら、うちのダーリンの中身は昭和の日本男児です。力いっぱいガンコなアフリカ男です。典型的なしたたかナイジェリアンです。

若い方があの映画(&マンガ)を見て、変なファンタジーを持って外国人に近づいてガッカリ…なんて事が無いように、祈るばかりです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | だんな

2010年05月07日

ヤラドゥア大統領安らかに

具合悪いとは聞いてましたが、まさか亡くなるとは・・・
Yahoo!JAPANのトップニュースに出てたのも驚きでした。

という事で、ジョナサン副大統領が、大統領に就任。
旦那としては、こちらの方が喜ばしいらしい。
出身地が近いから?

ジョナサン副大統領をウィキで調べたら、名前がグッドラックさんと言うのですね!さらにさらに、奥さんはペイシェンスさん。すごい組み合わせだなぁと、全然無意味なところに反応してしまいました。

来年また大統領選らしいですね。
どうなるのかしら。
いつもいつも思うのですが、選挙くらいはクリーンにいきましょうよ。

旦那は、自分が大統領になった方がマシだわ!なーんて言ってますが。クリーンなナイジェリア。生きてる内に見てみたいです。
いまのところ老後はナイジェリアに移住するつもりなので。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(その他)へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
posted by Chioma at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア